【次回のご案内】

<第260回 神戸大学 RCUSSオープンゼミナール>
----------------------------------------------------------------------------
日 時:2020年9月19日(土)14時~17時 
視 聴:下記ページから、ライブ動画視聴申込(ウェビナー登録)を事前に行ってください。
https://zoom.us/webinar/register/WN_wGhiNcYnSoeYY6RK9gZQmg

司 会:滝口 哲也
    神戸大学都市安全研究センター教授 
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
    神戸大学減災デザインセンター、
               神戸大学未来世紀都市学研究ユニット

① 在宅医療の進歩とその課題
 高田 哲 神戸市総合療育センター診療所長
      神戸大学名誉教授
 在宅医療の進歩に伴い、これまでは長期にわたり入院を余儀なくされていた人々が自宅で家族と生活することが可能となってきた。最近では、経管栄養や口腔内・気管内吸引だけではなく、在宅人工呼吸器や、在宅酸素療法に支えられて、重い障害を持つ人々や高齢者が地域コミュニティで暮らすようになっている。
一方で、災害時において、これらの人々に対する避難行動支援は極めて大きな課題となっている。残念なことに多くの市民は、なぜそのような特別なケアが必要になるのか、日常の生活において誰がどのようにこれらのケアを担っているのかについて十分な情報を持っていない。今回のRCUSSオープンゼミナールの前半部では、食べることと呼吸機能に焦点をおいて、医療的なケアがなぜ必要とされるのかについて説明する。また、これらの人々が新型コロナウイルスなどの呼吸器感染に対して極めて弱い存在であることを示したいと思う。さらに、小児科専門医の立場から、重篤な障害は持たないが、社会的なコミュニケーションや認知面においてハンディをもつ人々が災害時に直面する課題についても提言したい。

② 災害時における支援(医療専門家としての提言)
 木村 重美 兵庫県立リハビリテーション中央病院
                          子どものリハビリテーション
           睡眠と発達医療センター副センター長
                       神戸大学大学院医学研究科医学研究員
 ゼミナールの前半部において示されたように、在宅医療は、電気をはじめとしたライフラインの安定的な供給、安全に介助してくれる家族・支援者の存在を前提に築かれている。いったん大規模な災害が生じ、電気などのライフラインが停止すると、在宅人工呼吸器、在宅酸素療法を必要とする人々は、生命の危機と直面する。これらの人々の避難行動をいかに支援するかは極めて難しくかつ重要な課題である。一方で、小児科医療と成人医療とには対象とする疾患に大きな違いがある。災害時に都道府県に設置される保健医療調整本部では、子どもの専門家と成人の専門家が一緒になって避難計画や医療的対応を考えるようになっている。最近では、「災害時小児周産期リエゾン」という小児科のチームがDMAT(災害派遣医療チーム)、DPAT(災害時派遣精神医療チーム)と協力して対応を考えるようになってきている。さらに、日本小児科学会と日本小児神経学会では「災害時小児呼吸器地域ネットワーク」の結成を呼び掛けている。ネットワークに参加している医療専門家に日常診療においても情報交換やカンファレンスを行うことを推奨している。今回の講演では、これらの仕組みを紹介するとともに、新型コロナ感染症下での支援・隔離体制についても考えてみたい。
----------------------------------------------------------------------------




【今後の予定のご案内】

<第261回 神戸大学 RCUSSオープンゼミナール>
----------------------------------------------------------------------------
日 時:2020年10月24日(土)14時~17時 
視 聴:下記ページから、ライブ動画視聴申込(ウェビナー登録)を事前に行ってください。

司 会:北後 明彦
     神戸大学都市安全研究センター教授
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
    神戸大学減災デザインセンター、
    神戸大学未来世紀都市学研究ユニット

① コロナ禍における避難所に関する課題
 高岡 誠子   
  阪神・淡路大震災記念 
      人と防災未来センター 研究員
 新型コロナウイルス感染症が蔓延している社会の中、避難所に避難することによる感染リスクを恐れて、避難が必要な方が避難所への避難を躊躇することが無いように、避難所での感染症対策が今求められている。しかし、過去の災害時に運営された避難所でも、感染症対策は行われていた。では、このコロナ禍における避難所の感染症対策は、これまでと何が違ってくるのだろうか。対策を考える点において、これまでとの大きな違いは避難所を利用される方々の背景である。地域住民のなかには、新型コロナウイルス感染症に感染し自宅療養をされている方や濃厚接触者の方々がおられる。また、感染はしていても無症状のため無自覚な方もおられるということである。そのため、それぞれの方々に適切な対応ができるように、また避難所での感染やクラスター化を防ぐ対策が求められる。今回の講演では、コロナ禍における避難所において必要とされる対策を整理し、現在の自治体の取り組みをご紹介しながら、対策に関する課題についても考えてみたい。

② コロナ禍における福祉施設での福祉避難所開設
 木作 尚子 
  阪神・淡路大震災記念 
      人と防災未来センター 主任研究員
 自治体が福祉避難所の協定を締結している施設の多くは、高齢者施設や障害者施設など、要配慮者が生活・活動している施設である。しかし、コロナ禍においては、感染症によるリスクの高い施設利用者等への感染拡大が懸念されるため、災害時に要配慮者を受入れる空間がこれまで以上に確保できないことが想像される。一方で、近年は、重い障害を持つ人々や高齢者も地域コミュニティで暮らすようになってきており、福祉避難所の需要は高まっている。そのため、福祉避難所を開設する方法を事前に検討し、可能な限り要配慮者を受入れる方法を検討しておくことが重要である。今回の講演では、ゾーニングによる感染拡大防止について検討した内容をお話する。ゼミナールの前半部において示された衛生管理等と合わせて、福祉施設における福祉避難所開設の方策を模索したい。
----------------------------------------------------------------------------


<第262回 神戸大学 RCUSSオープンゼミナール>
----------------------------------------------------------------------------
日 時:2020年11月14日(土)14時~17時
視 聴:下記ページから、ライブ動画視聴申込(ウェビナー登録)を事前に行ってください。

司 会:大石 哲
     神戸大学都市安全研究センター教授
     (安全コミュニケーション研究分野)
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
    神戸大学減災デザインセンター、
    神戸大学未来世紀都市学研究ユニット

① 球磨川水害報告
 森山聡之 
  福岡工業大学 教授
 令和2年7月豪雨における球磨川での洪水および土砂災害の調査を行った。洪水は主に人吉市と球磨村であり、従来浸からない位置にあると言われている青井阿蘇神社をはじめとする神社が被災していたことは未曾有の豪雨であったと考えられる。その青井さんが被災者への物資中継地点の役割を果たしていたことも注目に値する。また、111年間大きな被害を受けなかったくま川鉄道が被災したこともまた重要である。洪水以外にも土砂災害で破壊されている場所も多く見られ、その一因としては、従来荒れることに少なかった広葉樹林の下草や低木がシカの食害の影響で斜面崩壊を起こしたという指摘もある。いずれにせよ、今後もハードウエアの限界を超える自然災害がいずれ起こることは確実であり、ソフト防災の重要性が再確認されたと考える。今後は気象予測(降雨予測)や、実測雨量からの流出予測だけでなく、上流側の水位から下流側の水位を予測する方法を導入し3段構えの避難体制を考える必要があるだろう。

② 豪雨災害と降水システム
 梶川義幸 
  神戸大学都市安全研究センター 特命教授
       理化学研究所計算科学研究センター 上級研究員
 西日本に大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨において、総降水量が同程度であっても土砂災害件数には地域差があった。本発表では、この地域差が生じた主要因である降水システムの大きさに着目した解析結果を紹介すると共に、令和2年7月豪雨についても議論する予定である。
----------------------------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------------------------
※上記以降は下記の日程でオープンゼミナールを開催する予定です。
(当面、ライブ動画配信の形で実施予定です。)
●2020年12月12日(土)14時~17時 



神戸大学都市安全研究センターオープン・ゼミナールの開催情報を配信いたします。
ご希望の方は下記フォームに必要事項を記入の上お申込みください。