📰開催記録‎ > ‎

第83回

83回MURオープンゼミナール

日 時2005年5月28日(土)14:00~15:30
内 容
減災環境設計とサスティナブルコミュニティ
    室崎益輝(消防研究所)
場 所神戸大学COE神戸フィールドスタジオ
<神戸フィールドスタジオのご案内>
〒653-0041 神戸市長田区久保町6丁目
アスタくにづか4番館 東棟 302-2
tel:078-643-0456 
記 録林順平


減災環境設計とサスティナブルコミュニティ






■阪神大震災で問われたこと
 ○都市空間の脆弱性
   なぜ6千人もの命が失われたのか?
     …住宅が脆弱であったため
   なぜ70haもの地域が焦土と化したのか?
     …市街地が脆弱であったため
 ○都市計画の脆弱性
   なぜ脆弱な空間が放置されたのか?
   ・・計画原理と設計理論と実行管理が欠落していたため

■J.ジェコブスの問いかけ
「アメリカ大都市の死と生(1961)」
  「計画理論のおかげで、都市の欠陥地域は次から次へ拡大し衰亡していく」
  …近代の都市計画論(用途純化、高度利用など)それに基づく都市環境が犯罪を誘発している
■都市リスクの増殖と環境に作用
 ○被災の空間構造
  3つの環境の疲弊と衰退がリスクとハザードを増殖している
   …地球環境、構造環境、社旗環境の疲弊
  4つの環境の作用や関与がリスクとハザードを増殖している
   …誘発、媒介、破壊、増殖の作用
■マルチハザードとアーバンセキュリティ
 ○アーバンセキュリティにおける
  セキュリティの重視
  公衆衛生あるいは漢方医学手法の重視

■被災基盤と被災要因
 ○被災の空間構造
  直接要因としての要因
   素因(内在環境要因)と起因(外圧環境要因)
   なお、素因には機会因や媒介因が含まれる
  間接要因としての基盤
   要因を作り出す環境としての被災基盤
   なお、この基盤には、ハードウェア、ソフトウェア、ヒューマンウェアがる

■都市災害の空間構造
 ○人的基盤と社会的基盤と物的基盤
 ○犯罪者要因と被災者要因と機会要因 
  都市の放火と住宅の火災について、被災の空間構造を考えてみよう!

■減災のための環境設計
 ○その有効性と限界性・・いわゆる環境決定論
 ○その戦略性と戦術性・・いわゆる環境設計論
   安全基盤を構築する
   安全性能を内包する
   持続性、多様性、文化性、生態性

■都市リスクの低減と環境の性能
 ○環境の安全性能(1)
  耐震性:耐火性や耐震性
  緩衝性:免振性や緩和性
  局限性:遮断性や鎮圧性
  冗長性:多重性や補完性
  復元性:回復性や再建性

■都市リスクの低減と環境の性能
 ○環境の安全性能(2)
  連帯性:扶助性や連携性
  監視性:監視性や人目性
  自律性:管理性や規範性
  共存性:複合性や融合性
  文化性:継承性や個別性

■減災環境設計の手順
 評価と認識:アセスメントとパーセプション
 構想と戦略:ビジョンとストラテジー
 資源と技術:リソースとテクノロジー
 融合と整合:コーディネートとデザイン
 連携と共創:アクションとパートナーシップ

■環境設計の3大戦略
○大戦略としてのサスティナビリティ(環境)
 グローバルプラン
  コンパクトシティ、スマートコミュニティ、エコハビタ
○中戦略としてのセキュリティネット(システム)
 ストラクチュラルプラン
  人のつながり、自然のつながり、空間のつながり
○小戦略としてのスペースアビリティ(要素)
 コミュニティプラン
  小さな公共空間

■設計規範と設計言語
 ○設計規範としてのデザイン憲章
  アワニー原則やニューアーバニズム憲章
 ○設計言語としてのパターンランゲージ
  アレクサンダーのパターンランゲージ
 ○設計手法としての性能評価
  都市レベルの性能設計論

■設計の各論
 ○空間秩序の設計
  自然の秩序と文化の秩序
 ○空間施設の設計
  耐震化と社会化
 ○社会資源の設計
  ソーシャルキャピタル



連絡先:神戸大学北後研究室

     TEL 078-803-6440
MURオープンゼミナールは、広く社会に研究室の活動を公開することを企図して、毎月1回、原則として第1土曜日に開催しているものです。研究室のメンバーが出席するとともに、卒業生、自治体の都市・建築・消防関係の職員、コンサルタントのスタッフ、都市や建築の安全に関心のある市民等が参加されています。興味と時間のある方は遠慮なくご参加下さい。

Last Updated 10/05/2019 13:48:08

Comments