📰開催記録‎ > ‎

第79回

第79回MURオープンゼミナール
日 時2005年1月8日10:00~12:00
内 容
首都直下地震の火災危険に備える (室崎)
-阪神大震災における経験を生かす-
場 所神戸大学COE神戸フィールドスタジオ
<神戸フィールドスタジオのご案内>
〒653-0041 神戸市長田区久保町6丁目
アスタくにづか4番館 東棟 302-2
tel:078-643-0456           (参加者 38名)



関東大震災時の火災と阪神大震災時の火災の比較
    阪神で延焼が小さくすんだ理由
    ・風がなかったこと
    ・ガレキの山となったこと
    ・耐火造の普及
    <準防火地域での延焼速度>
     100m/時 以内 → 火に包まれて避難困難とならない

出火 1万世帯で2~3件(中越地震も同様)
    最近の出火の特徴
     通電火災 2つのパターン
       電気の自動回復による火花がガス漏洩に着火する型、
       電気ストーブや熱帯魚のヒーターから出火する型
     耐火造からの出火も多い
     (地震と火災の同時発生も念頭に置く必要がある。)

延焼 耐火造も延焼に関与
     パネルの落下
     かまど現象 穴が大きく空いた場合
     窓から窓

死傷 大規模な広域避難地 25ha必要
    (大規模なオープンスペースをつくる必要は依然としてある。)
    阪神では、住宅内での死者はっせいがほとんどで、
    火災に追われての死傷は無かったが、
    阪神はたまたま風が弱かっただけ

市街地大火の原因(重要なものから)
   ① 木造密集
   ② 同時多発火災
   ③ 断水、水利不足
   ④ 消防の駆けつけ障害
   ⑤ 市民消火等の欠落
   ⑥ その他

  ①と②を重点に、③も(消火栓の専用化、耐震化など)
  ④ 地震時の警防計画の見直し
  ⑤ 2号消火栓などのハードの改良・整備が必要
    (市民に道具を)

考えておかないといけない点
 ・災害の多様性と不確実性
 ・被害想定の未熟と誤謬
   新 出火件数予測モデル
   新 延焼モデル の開発の必要性
 ・火災対策の不十分さ、未発達
   最新の科学を応用していない
   応用する視点のまちがい(救助ロボットなど)

質疑

・川口町の密集地での火災について
  → 確率的には0のこともあり得る
  → 電気の自動回復が無かった?

・電力会社の出火防止対策について
  → 社会的要請が強ければすぐにできるはず

・海外の事例で火災があまり問題にならないのは?
  → 火災が起らないわけではないが、家屋構造で燃え広がらない
  → 石油文明度との関係 アメリカでは問題となっている
    (その意味では、地震と火災の同時発生、中国などで問題となるおそれがある。)
連絡先:神戸大学北後研究室

     TEL 078-803-6440
MURオープンゼミナールは、広く社会に研究室の活動を公開することを企図して、毎月1回、原則として第1土曜日に開催しているものです。研究室のメンバーが出席するとともに、卒業生、自治体の都市・建築・消防関係の職員、コンサルタントのスタッフ、都市や建築の安全に関心のある市民等が参加されています。興味と時間のある方は遠慮なくご参加下さい。

Last Updated 10/05/2019 13:48:19

Comments