📰開催記録‎ > ‎

第74回

第74回MURオープンゼミナール
日 時2004年7月10日(土) 15:00~17:00
内 容
わが家を地震からまもる
-木造住宅の被害・予測・対策-
防災科学技術研究所
地震防災フロンティア研究センター 堀江啓         
場 所神戸大学COE神戸フィールドスタジオ

(参加者 18名)

1.兵庫県南部地震による木造建物被害(神戸市)
   神戸市による罹災調査結果
    神戸市被災建物データ 153,171件
     そのうち木造 78.0% 119,452件
     木造では、50㎡未満の建物や比較的規模の
     大きい建物の全壊率が高くなる傾向がある。

2.木造建物の層破壊発生要因(西宮市)
   なぜ、層破壊に着目するのか?
    いのちを守るために一番重要(起こってはならない)
   西宮市GISデータベースのよる分析結果
    地震動強さ大の地点で、層破壊棟数多い
      2階建て、瓦使用、古い建築年、大きな建築面積
      及び、建物の形状が、層破壊発生率に寄与

3.地震動による木造建物の被害予測法
   木造建物の損傷程度を反映する被害関数の構築
   層破壊被害関数を用いた地震被災危険度評価
    → 耐震補強が必要な建物の抽出、補強方法の決定
    → 災害対応力の強化必要性の推定

4.木造住宅の耐震診断、耐震補強の現状

連絡先:神戸大学北後研究室
     TEL 078-803-6440
MURオープンゼミナールは、広く社会に研究室の活動を公開することを企図して、毎月1回、原則として第1土曜日に開催しているものです。研究室のメンバーが出席するとともに、卒業生、自治体の都市・建築・消防関係の職員、コンサルタントのスタッフ、都市や建築の安全に関心のある市民等が参加されています。興味と時間のある方は遠慮なくご参加下さい。

Last Updated 10/05/2019 13:48:18

Comments