📰開催記録‎ > ‎

第231回

日 時:2018年3月17日(土)14時~17時
場 所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
      開場13時30分~ 先着順受付(無料、定員60名)
      神戸市中央区江戸町97-1  
司 会:神戸大学都市安全研究センター教授 北後 明彦
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局、
    神戸大学地域連携推進室、神戸大学減災デザインセンター
後 援:兵庫県
内 容:
① フィリピン共和国タクロバンにおける台風ヨランダ後の母子保健の現状
  堀口 範奈 神戸大学大学院保健学研究科博士後期課程大学院生
 2013年11月、非常に勢力の強い台風ヨランダがフィリピン共和国を横断し、その被害は死者6,300人、負傷者28,688人、行方不明者1,062人に及んだ。被災後3年以上が経過した今日において,台風ヨランダ被災経験を持つ母子を対象に、どのような影響が残っているかを明らかにすることは、今後の減災対策を考える上で有益である。そのため、医療サービスへのアクセスやPTSDを中心とした台風ヨランダの長期的な影響、現在の災害への準備状況について半構造化インタビュー(事前に大まかな質問事項を決めておき、回答者の答えによってさらに詳細に質問する方法)を行い、結果をまとめたので報告する。

② レジリエンスとしての復興経営学の体系化研究
 -CRM(コーズ・リレイテッド・マーケティング)の活用を中心として-
  馬場 新一 神戸大学大学院経営学研究科准教授
 震災発災後に、被災地や被災者の経済や生活の復興に経営学の知見を活用して支援することを研究目的としている。経営学で復興に貢献することが、復興経営学としてテーマにあげた所以である。例えば、発災直後であれば、避難所の「組織マネジメント」、支援物資の「サプライチェーンマネジメント」など、支援に役立つ研究領域が経営学にある。今回は、直接的に経済支援につながるCRM(コーズ・リレイテッド・マーケティング)に焦点を当てて研究を実施した。CRMとは、大義に関連付けて商品やサービスの販売を促進する手法である。本講演では、最初に発災直後の避難生活に経営学の領域で関われることを紹介する。その後で、CRMについて説明をして、CRMの活用事例を紹介する。本題として、震災の復興における被災者支援にCRMを活用する方策として、寄付つき商品の販売を通して支援金を創る実証実験の結果を報告する。今後の課題を提示してまとめとする。 
Comments