📰開催記録‎ > ‎

第132回

日 時2009年10月24日(土)14:00~17:00
内 容① 人間工学的視点に基づく住宅の防犯性に関する研究
     吉田健(積水ハウス 住生活研究所)

 住宅における防犯では、破壊・侵入などの犯罪行為をいかに「やり
にくくするか」が設計上の一つの課題となりますが、これは、一般に
人間工学研究が目指す「使いやすさ(やりやすさ)」の裏返しにあた
ります。「やりやすさ」と「やりにくさ」は表裏一体の関係であるこ
とから、人間工学の考え方や手法が防犯に応用できる可能性もありま
す。このゼミナールでは、このような視点に基づく防犯性に着目した
具体的取り組みについて紹介していただきました。

② 安全マップから防犯まちづくりへ
     樋野公宏(独立行政法人建築研究所 主任研究員)

 住民参加による防犯まちづくりの契機になると言われているのが、
小学校単位での「地域安全マップ」の作成です。「地域安全マップ」
は、子どもの防犯教育を目的として作成されるものが多く、「まち
づくり」への活用となると積極的に行われているとは言えません。
一方、「まちづくり」の現場においては、防災、交通、バリアフリ
ー、環境などの分野で、地図を使った住民参加の取り組みがおこな
われております。これらの取り組みと同様に、「地域安全マップ」
についてもその成果を地域で共有し、各種計画に反映させることで
「まちづくり」に結びつけることが可能でしょう。まちづくり教育
やまちづくりへの活用という目的が加わることで、より有意義な活
動になることが望まれます。地域で共有された課題を、「防犯まち
づくり計画」に反映する道筋を用意することで、防犯意識の向上の
みならず、地域環境の改善にまで繋げられます。オープンゼミナー
ルでは、このような考え方とその具体的な活動事例について紹介し
ていただきました。

場 所神戸大学工学部 (C1-301)
備 考参加者:19名
Comments