📰開催記録‎ > ‎

第127回

第127回MURオープンゼミナール


日 時2009年04月25日(土)14:00~17:00
内 容米国ハリケーン・カトリーナ災害の被災地 ニューオーリンズ市
における住宅再建と復興のかたち
近藤民代 (神戸大学大学院 工学研究科 建築学専攻

災害復興期におけるコミュニティビジネス
菅磨志保 (大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)
場 所神戸大学工学部 C1-301教室
参加者20名
記 録松田 衣里子


 


米国ハリケーン・カトリーナ災害の被災地ニューオリンズ市
 における住宅再建と復興のかたち
 近藤民代(神戸大学大学院工学研究科建築学専攻)


■災害復興期におけるコミュニティビジネス
 菅磨志保(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)



■質疑応答

Q.Lakeview地区のような不動産価値の下落を危惧する地域は、民間の不動産会社が介入した
  結果なのですか?

→どちらかというと、市民によるコミュニティが中心となった結果といえる。地域の住民が
 戸建住宅のみで高級住宅地としての価値を守りたい意識が強い。

Q.長期的には成り立たないコミュニティビジネスですが、社会的観点での位置づけはどうですか?

→復興期の仮設事業として位置づけられ、次のステップへの助走期間と考えられ、復興の底上げ  となることが望まれる。
Comments