📰開催記録‎ > ‎

第122回

日 時2008年11月29日(土)14:00~17:00
内 容第1部 14:00~15:00 建築物の防火対策

  小規模建築物の防火対策について
   大西一嘉(神戸大学工学研究科建築学専攻)

第2部 15:00~17:00 第4回四川大地震報告会  四川の被災地復興について
   大西一嘉(神戸大学工学研究科建築学専攻)
  四川大地震の復興計画につ いて
   顧林生(清華大学都市計画設計研究院)
場 所神戸大学工学部C2-101教室

備 考

 今回のRCUSSオープンゼミナールは、建物火災対策と四川大地震報告の2部構成で開催しました。
 第1部では、最近の日本におけるグループホーム火災、カラオケ店火災等、小規模建築物における問題に関して、その防火対策の方向性を議論しました。
 第2部は、第4回四川大地震報告会との位置づけで開催しました。神戸大学都市安全研究センターでは、神戸にある研究機関等や神戸大学から四川大地震の 被災地に行った研究者からの報告会を、これまで3回開催してきましたが、第4回では、神戸大学の大西先生、及び、中国の北京にある清華大学都市計画設計研究 員の顧林生先生からそれぞれ復興に関しての報告をしていただく機会を設けることができました。四川大地震の復興計画に関しては、中国の主要な大学の都市計 画部門が、それぞれ担当する地域を分担し、その地域の復興計画の立案の中心的役割を担っているとのことです。今回は、その担当されている先生から直接話を 聞ける機会となりました。

参加者:55人
Comments