📰開催記録‎ > ‎

第111回

第111回 MURオープンゼミナール


日 時2007年12月14日(土)14:00~17:00
内 容建築防災計画の最近の傾向と課題
  土屋伸一(明野設備研究所企画部)
場 所神戸大学工学部 1F 創造工学スタジオ
参加者12名
司 会北後明彦

1.建築防災計画の歴史
   1972年~ 当初、超高層のみ
   1975年~ 計画指針、排煙基準
   千日前デパート火災など相次ぐなかで対象を拡大
2.性能規定化時代の到来
   経済至上主義
   危険な建物の増加
3.安全安心な建物とは
   間(無駄な空間)の重要性
   造り手と使い手のコミュニケーション
4.安全安心な建物の実現に向けて
   造り手に委ねる安全確保の限界
   使い手も無知ではいけない
   建築防災計画評定制度の復活が望まれる

 

Copyright(C) Urban Safety Management Lab.,Kobe Univ. all rights reserved.

Comments