📰開催記録‎ > ‎

第102回

第102回MURオープンゼミナール


日 時2007年2月17日(土)14:00~16:30
内 容「湯浅伝建地区の防災まちづくりの課題」
      北後明彦(神戸大学都市安全研究センター 本研究室助教授) 
「伝建地区における町家と一般住宅の防災性能評価」
      竹内優介(神戸大学工学部 本研究室学部生) 
「伝建地区における住民の消火活動の可能性」
      北村文枝(神戸大学工学部 本研究室学部生) 
「伝建地区における建物改修と住民消火活動による延焼遅延効果」
      秋元康男(神戸大学大学院 本研究室大学院生) 
場 所神戸大学自然科学研究科棟3号館 1F 125号室
参加者11名
記 録秋元 康男

  
 


■「湯浅伝建地区の防災まちづくりの課題」(北後)
  • 伝建地区の概要
  •  ・ 醸造業で発展
     ・ 小路における町家の建詰まり、防火・避難上の課題

  • 保存・更新・生活と防災の考え方
  •  ・ 現代に合った町家生活の工夫

  • 伝建地区の特殊性と普遍性
  •  ・ 伝建地区における対策:一般的な密集市街地への応用



■「伝建地区における町家と一般住宅の防災性能評価」(竹内)
  • 防災性能評価評価
  •  ・ 目標達成ツリーを用いた評価(出火防止、延焼防止、避難、消火etc.)

  • 湯浅伝建地区内の建物の特徴
  •  ・ 建築時期の違いによる防火性能の違い
     ・ 大規模改修による町家の防火性能向上の例


■「伝建地区における住民の消火活動の可能性」(北村)
  • 防災計画における住民の初期消火
  •  ・ 産寧坂(京都)、岩村(岐阜)、湯浅(和歌山)の比較

  • 初期消火の成否
  •  ・ 地域の高齢化
     ・ 60代の活躍の可能性
     ・ 訓練を通した活動手順の習得


■「伝建地区における建物改修と住民消火活動による延焼遅延効果」(秋元)
  • 危険性代替のための防災計画
  •  ・ 延焼シミュレーション
         被害・対策の効果の定量的評価
     ・ 対策:建物の防火改修と地域住民による消火活動の反映
         延焼遅延・阻止効果の確認
     ・ 今後はハード整備とソフト確立の双方からの火災安全確保を提案


質疑
  • 火災報知器設置義務によって、火災に対する住民の興味の向上はしているのではないか。
  • 可搬式ポンプを用いた活動の普及には、まず訓練して実際に動かしてみるという体験が必要。行政もその機会創出に努力すべき。
  • 集団規定の少ない湯浅では、火災安全対策の可能性の幅が広い。まだまだ対策考案の余地はある。


Copyright(C) Urban Safety Management Lab.,Kobe Univ. all rights reserved.

Comments