【第164回】2012/10/13 ①気仙沼市における震災対応とその検証について(秋元康男 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 研究員)


 平成23年3月11に発生した東日本大震災は、東北の沿岸地域を中心に未曾有の被害をもたらした。
 東北の各自治体では、発災直後は、情報通信の遮断やライフラインの寸断等により、困難な災害対応を余儀なくされましたが、全国からの多くの支援も得ながら、応急・復旧に取り組んだ。
 今回のセミナーでは、被災の大きかった市町村の中から、宮城県気仙沼市を取り上げ、一連の災害対応の実態から、課題や教訓を整理・報告するとともに、今後、気仙沼市あるいは同様の大規模災害が生じると想定されている地域において、災害対応力強化に向けた取り組みを検討する際の参考となる視点が示された。具体的には、①災害からの復旧段階に応じた目標設定が必要である。②地域に根差した防災体制の構築(地震や津波への対応のあり方)が必要である。



<第164回オープンゼミナール>
日時:10月13日(土)14:00~17:00
場所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
神戸市中央区江戸町97-1 Tel. 078-322-5740(消防)
参加者数:36人
内容:
①気仙沼市における震災対応とその検証について
 秋元康男 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 研究員
②感染症を捉え直す。21世紀のパラダイムシフト
 岩田健太郎 神戸大学都市安全研究センター 教授

【第164回】2012/10/13 ②感染症を捉え直す。21世紀のパラダイムシフト(岩田健太郎 神戸大学都市安全研究センター 教授)


 世界三大感染症というものがある。
 これは、結核、マラリア、エイズである。それぞれ毎年世界で100万人以上の命を奪ってきた恐ろしい感染症で、WHO(世界保健機関)ゲイツ財団などはこれら3つの感染症対策に必死に取り組んできた。そのかいあって、例えばマラリアの死者数は近年激減しており、対策の効果がでてきている。
 ところが、この三大感染症以外にも毎年100万人以上の規模で人の命を奪っている感染症が存在することが分かってきた。それは、呼吸器感染症と下痢原性感染症、簡単に言えば、肺炎と胃腸炎である。
 肺炎と胃腸炎はよくある病気で、簡単に治せるものだと思っている人は少くない。しかし、途上国を中心に、そして小さな子供を中心に、たくさんの命が肺炎と胃腸炎で奪われている。
 そこで、古典的な三大感染症、結核、マラリア、エイズと、肺炎・胃腸炎との違いが示された。それは、微生物と感染症の1対1関係である。
前者は結核菌、マラリア原虫、HIVが原因で、病気と微生物が1対1関係にあり、結核菌=結核とほとんど同義に扱っても問題にないような錯覚を覚える。
 一方、肺炎や胃腸炎の原因微生物は千差万別で、抗生物質が効くものから効かないものまでたくさんある。さらに、感染症が原因でない肺炎や胃腸炎があり、この場合は抗生物質は効かない。
 微生物と相応する感染症の1対1関係がだんだん崩れている。かつてのように、微生物学者が微生物を研究することが、直接感染症対策、感染症治療に結びつきにくい時代である。21世紀の感染症にどう対峙したらよいのかが問われている。



<第164回オープンゼミナール>
日時:10月13日(土)14:00~17:00
場所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
神戸市中央区江戸町97-1 Tel. 078-322-5740(消防)
参加者数:36人
内容:
①気仙沼市における震災対応とその検証について
 秋元康男 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 研究員
②感染症を捉え直す。21世紀のパラダイムシフト
 岩田健太郎 神戸大学都市安全研究センター 教授

【第165回】2012/10/14 オープンゼミナール公開講座版 & ひょうご防災リーダーOB公開講座

<第165回オープンゼミナール 公開講座版>
       (&ひょうご防災リーダーOB公開講座)
日時:10月14日(日)13:00~17:00
参加者数:67人
場所:神戸大学 百年記念館(神大会館) 六甲ホール

 神戸市灘区六甲台町1-1  Tel. 078-803-6260(都市安全)
・徒歩:阪急「六甲」駅から約15~20分
 ・バス:阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から
   神戸市バス36系統「鶴甲団地行き」乗車
   「神大文理農学部前」下車 海側へ徒歩約5分

(ご注意:月1回の土曜日の定期開催とは異なる会場です)

プログラム内容:
① 東日本大震災を踏まえた災害情報、災害報道のあり方
    山崎 登 NHK解説委員 

② 東日本大震災の経験を踏まえた津波への避難対応
    北後明彦 神戸大学都市安全研究センター教授 
 
③ 東日本大震災からの復興の状況について
   ~南三陸町の現状と今後の展望について~ 
    畑 文隆 南三陸町復興事業推進課技術参事兼課長補佐


■申込方法:当セン ターのホームページ(http://www.fire-ac-hyogo.jp/bosaileader.html)からダウンロードした「講座参加申込書」により郵送、FAXまたは電子メールで受け付けます。
●定員:300名(先着順)
●申込先:〒673-0516 三 木市志染町御坂1-19
      兵庫県広域防災センター 防災教育担当 「公開講座担当」 
●電話:0794-87-2920 FAX:0794-87-2925●電子メール: koikibosai @ pref.hyogo.lg.jp

【第165回】2012/10/14 ②東日本大震災の経験を踏まえた津波への避難対応(北後明彦 神戸大学都市安全研究センター教授)


※この発表の概要・報告は追って更新いたします


<第165回オープンゼミナール 公開講座版>
       (&ひょうご防災リーダーOB公開講座)
日時:10月14日(日)13:00~17:00
参加者数:67人
場所:神戸大学 百年記念館(神大会館) 六甲ホール

 神戸市灘区六甲台町1-1  Tel. 078-803-6260(都市安全)
・徒歩:阪急「六甲」駅から約15~20分
 ・バス:阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から
   神戸市バス36系統「鶴甲団地行き」乗車
   「神大文理農学部前」下車 海側へ徒歩約5分

(ご注意:月1回の土曜日の定期開催とは異なる会場です)

プログラム内容:
① 東日本大震災を踏まえた災害情報、災害報道のあり方
    山崎 登 NHK解説委員 

② 東日本大震災の経験を踏まえた津波への避難対応
    北後明彦 神戸大学都市安全研究センター教授 
 
③ 東日本大震災からの復興の状況について
   ~南三陸町の現状と今後の展望について~ 
    畑 文隆 南三陸町復興事業推進課技術参事兼課長補佐


■申込方法:当セン ターのホームページ(http://www.fire-ac-hyogo.jp/bosaileader.html)からダウンロードした「講座参加申込書」により郵送、FAXまたは電子メールで受け付けます。
●定員:300名(先着順)
●申込先:〒673-0516 三 木市志染町御坂1-19
      兵庫県広域防災センター 防災教育担当 「公開講座担当」 
●電話:0794-87-2920 FAX:0794-87-2925●電子メール: koikibosai @ pref.hyogo.lg.jp


【第165回】2012/10/14 ③東日本大震災からの復興の状況について~南三陸町の現状と今後の展望について~ (畑 文隆 南三陸町復興事業推進課技術参事兼課長補佐)


※この発表の概要・報告は追って更新いたします


<第165回オープンゼミナール 公開講座版>
       (&ひょうご防災リーダーOB公開講座)
日時:10月14日(日)13:00~17:00
参加者数:67人
場所:神戸大学 百年記念館(神大会館) 六甲ホール

 神戸市灘区六甲台町1-1  Tel. 078-803-6260(都市安全)
・徒歩:阪急「六甲」駅から約15~20分
 ・バス:阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から
   神戸市バス36系統「鶴甲団地行き」乗車
   「神大文理農学部前」下車 海側へ徒歩約5分

(ご注意:月1回の土曜日の定期開催とは異なる会場です)

プログラム内容:
① 東日本大震災を踏まえた災害情報、災害報道のあり方
    山崎 登 NHK解説委員 

② 東日本大震災の経験を踏まえた津波への避難対応
    北後明彦 神戸大学都市安全研究センター教授 
 
③ 東日本大震災からの復興の状況について
   ~南三陸町の現状と今後の展望について~ 
    畑 文隆 南三陸町復興事業推進課技術参事兼課長補佐


■申込方法:当セン ターのホームページ(http://www.fire-ac-hyogo.jp/bosaileader.html)からダウンロードした「講座参加申込書」により郵送、FAXまたは電子メールで受け付けます。
●定員:300名(先着順)
●申込先:〒673-0516 三 木市志染町御坂1-19
      兵庫県広域防災センター 防災教育担当 「公開講座担当」 
●電話:0794-87-2920 FAX:0794-87-2925●電子メール: koikibosai @ pref.hyogo.lg.jp


次回のご案内

<第249回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
日 時:2019年9月14日(土)14時~17時
場 所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
     開場13時30分~ 先着順受付(無料、定員90名)
      神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740  
MAP:http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/p/access.html
司 会:神戸大学都市安全研究センター 教授 北後 明彦
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
後 援:兵庫県
内 容:
①大規模災害時のこころのケア**
 曽良 一郎 神戸大学大学院医学研究科精神医学分野 教授
大規模な自然災害の多くは予測できない出来事であり、行政・医療機関等も被災するため,平時の精神保健・医療のシステムが機能不全に陥るが、DPAT(災害派遣精神医療チーム)の設立により早期の「こころのケア」に対応可能となった。被災直後から回復へのこころの動きとしては、茫然自失期(直後)、ハネムーン期(1週~6ヶ月)、幻滅期(2,3ヶ月~1,2年)、再建期(その後数年間)へと移り変わり、中長期的な「こころのケア」が必要とされる。長期的なストレスが持続することにより不安神経症、うつ病、アルコール依存症などのこころの病気になることもあることから、支援が必要な人の発見とフォローを行うアウトリーチ活動が重要となる。



②大規模災害時の多数傷病者対応***
 西山 隆 自衛隊中央病院 救急科部長
 災害医療は、大規模災害(自然災害、人為災害や多数傷病者発生事案も含む)等により、医療施設の崩壊や多数傷病者の発生により医療の供給と需要のバランスが崩れ、通常の医療体制が維持できないような状況で展開される医療であり、災害拠点病院や災害派遣医療チームといくつかの医療機関が連携する仕組みが階層的に必要になります。また、しばしば災害は行政区などと全く無縁に発生するため、多面的な支援が重要になり組織間連携や組織内連携が重要になります。さらに、近年、テロ等による爆傷・銃創・特殊災害などによる多数傷病者発生時の医療対応も懸念され、今後ますます国際化する我が国において災害時の多数傷病者対応は重要な課題として取り上げていかなければなりません。

*:<参考ページ>地域づくりの基礎知識4
http://www.org.kobe-u.ac.jp/kupress/images/05saigaikara.pdf
 http://kobe-yomitai.jp/book/758/
「災害から一人ひとりを守る」北後明彦・大石哲・小川まり子編、神戸大学出版会
** <第3章> p.49~p.61
 曽良一郎:災害時の心のケアと精神保健体制
*** <コラム> p.66~p.67
 西山隆:南海トラフ巨大地震を想定したこれからの災害医療





今後の予定のご案内

<第250回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
日 時:2019年10月12日(土)14時~17時
場 所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
     開場13時30分~ 先着順受付(無料、定員90名)
      神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740  
MAP:http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/p/access.html
司 会:神戸大学都市安全研究センター 教授 北後 明彦
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
後 援:兵庫県
内 容:




         未定








--------------------------------------------------------------------

※上記以降は下記の日程・場所でオープンゼミナールを開催する予定です。
2019年11月16日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
2019年12月21日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
2020年 1月25日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
2020年 2月22日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
2020年 3月14日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)

お知らせメール

名前

メール *

メッセージ *