【第157回】2012/02/20 ①スロー地震とは何か(廣瀬 仁/神戸大学大学院理学研究科准教授)

阪神・淡路大震災を契機として全国的に整備された高感度地震観測網Hi-net(防災科学技術研究所)やGPS連続観測システムGEONET(国土地理院)等の基盤的地震・測地観測網によって,それまでには知られていなかった様々な地学的現象が世界に先駆けて明らかになってきた.その代表的なものが「スロー地震」(ゆっくり地震)と総称される一群の現象である.スロー地震は通常の地震にくらべて遅い速度で断層がずれ動く現象であり,人体で感じることはなく,観測される地震動が低周波(長周期)の帯域に卓越するもの(周期0.5秒程度の低周波微動や数10秒の超低周波地震)や,ずれる速度がゆっくりすぎて地震動をもたらさないものがある(数日から1年以上継続するスロースリップイベント).ここでは,「スロー地震」の現象の紹介や,その地球科学的な意義とともに,海溝型巨大地震との関係について,微動源領域や傾斜変化のモニタリング・システムなど,講演者が関わった研究事例を中心に講演して頂いた.質疑応答では,スロー地震と津波災害が想定されている巨大地震等との関連性について問われた.スロー地震の領域は,大規模な地震の震源領域周辺に位置すると考えられており,南海トラフ巨大地震など,津波の危険性がある大地震の想定震源域がどこまで広がっているのかを探る上で参考となる.従って,今後,スロー地震に関する研究を継続・発展していくことは重要であるとの見解が示された.

<第157回オープンゼミナール>
日時:2012年2月20日(月)18:00~20:00
場所: 神戸大学工学研究科 創造工学スタジオ2(C3-101)
内容:
廣瀬 仁 (神戸大学大学院理学研究科准教授)
②満点計画―内陸地震の発生予測のために―
飯尾 能久 (京都大学防災研究所教授)
参加者:19人 (北後)

【第157回】2012/02/20 ②満点計画―内陸地震の発生予測のために―(飯尾 能久/京都大学防災研究所教授)

この世の中で起こっている色々な現象の真の姿を明らかにする上で,その現象に関するデータの質と量は決定的に重要な鍵となります.しかしながら,地震予知に関する分野においてはこれまで十分なデータを得ることができなかったため,内陸地震の震源断層を明確に捉えるだけの精度や分解能を持っていませんでした.そこで,飯尾教授は,多点で高精度かつ容易に地震を観測できる安価な次世代型の地震観測システムを開発されました.本講演では,このシステムに用いる地震計を満点の星のごとく多数設置することにより,地震を引き起こす断層の構造や断層にたまる力を詳細に調べることで,将来の地殻の動きを予測する仕組みについて解説していただきました.今後の予測についての見通しは,このような考え方についての理解がいかに広がり,観測地点を増やせるかるかにかかっているということになりました.

<第157回オープンゼミナール>
日時:2012年2月20日(月)18:00~20:00
場所: 神戸大学工学研究科 創造工学スタジオ2(C3-101)
内容:
①スロー地震とは何か
廣瀬 仁 (神戸大学大学院理学研究科准教授)
②満点計画―内陸地震の発生予測のために―
飯尾 能久 (京都大学防災研究所教授)

参加者:19人 (北後)

次回のご案内

<第238回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
日 時:2018年10月20日(土)14時~17時
場 所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
     開場13時30分~ 先着順受付(無料、定員90名)
      神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740  
案内図:http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/p/access.html
司 会:神戸大学都市安全研究センター 教授 北後 明彦
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
後 援:兵庫県
内 容:
① 新潟県糸魚川市における大規模火災の被害概要と発生要因
 岩見 達也 国立研究開発法人建築研究所住宅・都市研究グループ主任研究員

 2016年12月に発生した新潟県糸魚川市における大規模火災に関して、現地調査や、空撮映像等に基づく延焼状況の推定、飛び火による延焼過程を確認するための火災実験、焼損区域を対象としたシミュレーションによる建物構造と延焼状況の確認等の分析結果を紹介する。

② 南海トラフ地震に伴う都市火災リスクの評価-主に大阪市を対象にして-
 西野 智研 京都大学防災研究所 准教授

 大きな地震が都市を襲うと、複数の火災が市街地で同時に発生し、消防力で対応可能な規模を上回ることによって一部の火災は大規模な延焼火災に発展する可能性がある。
 本発表では、近い将来の発生が予想される南海トラフ地震に着目し、(1)地震に伴う火災の発生件数が震源域や地震の規模,地震の発生時期によってどのようにばらつくのか、(2)地震の影響で消防水利が使用できない場合,延焼火災によって建物が被害を受ける確率は一棟一棟で見るとどのくらいの確率になるのか、(3)出火防止対策として設置の必要性が指摘されている感震ブレーカーの普及率向上により、火災の発生件数や延焼火災による建物の被害確率はどのくらい軽減できるのかに関して、主に大阪市を対象に地震火災リスク評価を行った結果を紹介する。


今後の予定のご案内

<第239回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
日 時:2018年11月17日(土)14時~17時
場 所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
     開場13時30分~ 先着順受付(無料、定員60名)
      神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740  
司 会:神戸大学都市安全研究センター 教授 北後 明彦
共 催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
後 援:兵庫県
内 容:



--------------------------------------------------------------------
※上記以降は下記の日程・場所でオープンゼミナールを開催する予定です。
●2018年12月15日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
●2019年1月12日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
●2019年2月9日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)
●2019年3月16日(土)14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)

お知らせメール

名前

メール *

メッセージ *